2013年3月18日

新鮮な食材の缶詰で作る「缶詰ライスサラダ」

日本の缶詰技術は世界でもトップレベル。
今回は、そんな高い技術力の象徴とも言えるような、
新鮮な食材の缶詰を使って「缶詰ごはん」のメニューを考えます。

まずは、はごろもフーズ株式会社の『シーチキンとろ』。
このツナの美しさ! 味も繊細なんです。

お次は、いなば食品株式会社の『食塩無添加コーン』。
収穫当日にパックしたスイートコーンは、採れたてと区別できない美味しさ。

最後に、国分株式会社の『缶つまVEGETAPAS ミックスオリーブ』。
スペインのバルの定番、オリーブを缶詰にした逸品。

新鮮な食材を活かした料理といえば、やはりサラダ。
魚沼産十日町コシヒカリの甘みともっちりした食感が、
とびきりの具材と見事に組み合わさり、幸せな美味しさに結実しました。
キリッと冷えた白ワインが飲みたくなること請け合いです。

詳しい作り方は「にほんいちレシピ」をご覧ください。

にほんいちの缶ごはん

黒川勇人(くろかわ・はやと) タレント・缶詰博士・ものづくりナビゲーター。昭和41年福島県生まれ。缶詰に精通していることから“缶詰博士”と呼ばれ、新聞やTVなど様々なメディアで活躍中。「缶詰料理ショー」など食に関するイベントのほか「ものづくりトークショー」など日本のものづくりを紹介する講演を行っている。