2013年12月28日

にほんいちの米とにほんいちのサバ味噌煮缶のコラボ炊き込みごはんセットが登場します

みなさん、缶にちは!
缶詰と十日町のお米のうれしい情報をご紹介します。

十日町のごはんは美味しい。
ミネラルたっぷりの雪解け水で生育した
噛めば噛むほどにじわりと甘い絶品ごはん。
つやつやの炊きたてご飯

里山の田んぼは、眺めるだけで感動します。
十日町の稲穂

そんな魚沼産十日町コシヒカリのごはんと、あのご飯のお供がコラボします。

それは、にほんいちのサバ缶と言われる宮城県石巻市の
木の屋石巻水産さんのサバ味噌煮缶
缶詰=保存食という枠に留まらず、
全国のプロの料理人さんにも重宝されている食材です。
新鮮な獲れたてのサバを使っています。

こちら製造中のサバ缶ですが、刺身にしても良いクォリティーのサバが惜しげもなく。
金華さば缶詰(製造中)

味噌は仙台味噌の老舗・高砂長寿味噌
『dancyu』に2回も掲載された経堂の手打ち拉麺・季織亭のサバ味噌ラーメン。
味噌缶の味噌がスープにも使われています。
麺を食べ終わった後、白いご飯を放り込んで食べる人が後を絶たないとか。
季織亭のサバ缶味噌ラーメン

実は、この木の屋さん、震災で津波に流されてしまい、震災から2年以上を経て、
ようやく新工場を再建したのです。
こちら復興のストーリーです。
木の屋さん新工場外観です。

製造ラインを説明する営業の鈴木さん。
??-548

新潟県十日町市も中越地震や雪害、水害などの被災地です。
実は、十日町市の震災支援をしていた経堂の街をきっかけに、
石巻と十日町がつながっていました。
2014年の雪まつりでは、木の屋石巻水産さんのくじらカレーと
魚沼産十日町コシヒカリをコラボさせるなど、被災地同士の友情を育んできました。

石巻では、このサバ味噌缶を美味しい米と一緒に炊き込みごはんにして、
炊き込みごはんにする人がいます。

お米2号につき1缶。これが美味しい黄金バランス。

この味を全国の人に食べてもらいたい!

十日町と石巻。地域を超えて新しい味と価値を「共創」したい。

というわけで、極上の有機合鴨米と木の屋のサバ味噌缶。
研いだお米に丸ごと入れて炊くだけ。お好みで生姜などの薬味を。

にほんいちの米とにほんいちのサバ味噌煮缶のコラボ炊き込みごはんセットが登場しますよ。
こめかんと木の屋サバ缶

そして最終的なパッケージデザインです。
saba-gohan_0404 JPEG

にほんいちプロジェクトのfacebookコミュに「いいね!」を押して是非♩

缶動の逸品になること間違いなしなのであります。

共創事例 にほんいちの缶ごはん