2014年5月29日

「ほたてと枝豆ご飯」

「ほたてと枝豆ご飯」
材料
宝幸:帆立貝柱缶
こちらホームページです

こちらの缶詰です。
IMG_1259

陸奥湾で獲れた帆立貝柱を生のまま缶詰に。
脳髄がしびれそうな香りと、大きい粒(11〜15粒も入ってる)、
うま味が染みだした缶汁、すべてが最高です。
魚沼産十日町コシヒカリ 2合
冷凍えだまめ 200g
塩 小さじ1/3

作り方
1,お米は研いでざるにあげる。計量カップに帆立缶の缶汁を残さず入れ、
  400ccになるように水を足してから塩を加える。
  枝豆はよく洗って解凍し、豆を取りだしておく(さやは半量だけ残しておく)
2,炊飯器にお米と①の合わせ汁を入れて30分浸漬させ、そこに帆立貝柱、
  残しておいたさやの順に入れてスイッチを入れる。
3,炊き上がったらさやを取りだし、豆を加えてよく混ぜれば缶成!

かくのごとし!
IMG_1265 (1)

冷凍えだまめを使うので楽チンです。
さやも炊き込むのは、えだまめのうま味をお米に吸わせるため。
お焦げが出来たら別に取っておき、
塩昆布を乗せてお茶漬けにしてすると、これまた美味。

にほんいちの缶ごはん

黒川勇人(くろかわ・はやと) タレント・缶詰博士・ものづくりナビゲーター。昭和41年福島県生まれ。缶詰に精通していることから“缶詰博士”と呼ばれ、新聞やTVなど様々なメディアで活躍中。「缶詰料理ショー」など食に関するイベントのほか「ものづくりトークショー」など日本のものづくりを紹介する講演を行っている。