にほんいちプロジェクトは、新潟県十日町市の『魚沼産十日町コシヒカリ』と全国のこだわりの商品とのコラボレーションによって、新しい価値や市場を生み出していくプロジェクトです。

にほんいちプロジェクトは、
共創相手(パートナー)と、以下の活動を行います。

  • 宣伝・情報発信

    にほんいちプロジェクトの公式サイトに商品やイベントに関する記事を掲載します。また、同プロジェクトのFacebookページも活用し、様々な形で情報発信をしていきます。

  • 売場での展開

    東京・秋葉原のセレクトショップ『日本百貨店しょくひんかん』で、にほんいちプロジェクトの売場を運営します。その他、全国の提携店を通じて商品の販売を行います。

  • イベント・PR活動

    東京や大阪をはじめ、全国でイベントをプロデュースします。メディアの取材を呼び込み、商品の魅力を幅広くPRします。

  • 飲食店・商店街での展開

    東京を中心とした飲食店や商店街とタッグを組み、新メニューや新商品の開発、各種PRイベントを実施します。

にほんいちプロジェクトの共創事例をご紹介します。

  • 全国の商品との共創

    これまで、高知の「鰹のタタキ丼(写真)」、氷見の「寒ブリ丼」、神津島の「赤イカの塩辛手巻き寿司」、紀州田辺の「南高梅おむすび」など、全国の商品と魚沼産十日町コシヒカリとの「にほんいち」なコラボレーションを生み出し、イベントなどを通じてPRしてきました。

  • 生産者との共創

    全国のこだわりの商品をつくる生産者を取材し、その努力や想いを記事にして、公式サイトやFacebookページで発表しています。また、生産者によるトークショーなどのイベントをプロデュースし、生産者と消費者の距離を近づける試みを行っています。

  • 売場との共創

    東京・秋葉原の「食」をテーマにした複合施設『CHABARA(ちゃばら)』内にある、全国のこだわりの食材を取り揃えたセレクトショップ『日本百貨店しょくひんかん』で、にほんいちプロジェクトの商品を販売しています。

  • 飲食店との共創

    『食べログ』1位の評価を受けるインド料理店『ガラムマサラ(東京・経堂)』と魚沼産十日町コシヒカリとのコラボレーションで、スパイシーなインドのコロッケ「パコラ」をメニュー化しました。

にほんいちプロジェクトは、共創相手を募集しています。

参加条件

  • A. 生産者・産地の方

    こだわりの商品を生産する法人や個人、産地の自治体などの方で、魚沼産十日町コシヒカリとのコラボレーションに前向きであること。

    〈こんなお悩みを解決します〉
    味には自信があるが、効果的なPRの方法が思いつかない。
    試食イベントを開催したいが、東京などの大都市圏にネットワークがない。
  • B. 飲食店・商店街の方

    飲食店や商店街の方で、魚沼産十日町コシヒカリとのコラボレーションに前向きであること。

    〈こんなお悩みを解決します〉
    集客やイベントの目玉になるメニューがない。
    積極的にイベントを行っているのに話題にならず、メディアに関心を持ってもらえない。