おいしい米づくりには、豊富な水と夏場の長い日照時間が欠かせません。豪雪地帯として知られる十日町市では、田んぼに張られる水はミネラル分がたっぷりと含まれた雪解け水。夏場の日照時間も長いため、昼夜の寒暖差によって米が引き締められ、もっちりとした弾力のある食感が生まれます。また、山の多い魚沼地方では朝霧が発生しやすく、米が高湿度に保たれる環境であることも甘くおいしい米が育つ理由の一つです。さんさんと輝く太陽と、良い水に恵まれている十日町市は、まさに稲作に適した土地なのです。

十日町市のおいしい米は、米を深く愛している農家の方々によって大切に育てられています。農家の方々は米を日々観察し、さらなるおいしさを引き出すための努力を続けています。

おいしい米を届けるためには、精米や保存の技術も重要です。十日町市には、冬の積雪を利用して米を低温保存する雪室など、おいしい米を届けるための様々な技術と工夫があります。

魚沼産十日町コシヒカリのお買い求めは、
『道の駅 クロステン十日町』をご利用ください。

大地の芸術祭の会場のひとつ「キナーレ」の隣にある『道の駅 クロステン十日町』では、魚沼産十日町コシヒカリをはじめとする新鮮な農産物や地域の特色ある工芸品など、十日町市のお土産を豊富に取り揃えています。一部の取扱い商品は、オンラインショップからもお買い求めいただけます。 クロステン十日町 公式サイト